ダイエットのためには飲み会とコンビニ弁当をなんとかしなくては

 

飲み会が続く生活が肥満につながる

アルコールは、内臓脂肪を減らすためにはマイナス要因ばかりですよね。

 

だからダイエット中はお酒を飲むのは避けるのが得策ですよね。

 

でもストレス解消の意味もありますし、お酒が好きな私にとっては、急に飲酒と言ってもなかなか実行できません。

 

しかも最近は仕事での付き合いも増えてきたので、なかなか断れない場合が多いのです。

 

 

 

まずは飲みに行く回数を徐々に減らしていくことから始めたいと思います。

 

1回で飲む量も徐々にセーブしていくことができれば・・・

 

基本的に飲みに行ったときにはツマミをほとんど食べないのですが、低カロリーのものを選ぶようにしようと思っています。

 

食事の量はかなり減っているのですから、栄養素はほとんどとれません。

 

お酒にはほとんど栄養素がないので、体のためにはとても悪いことになりますね。

 

 

 

適量のお酒は、血液の巡回を良くして、緊張を解しれます。

 

仕事での人間関係をスムーズにすることもできますし、仕事をする人たちのつきあいを円滑にしてくれることが多いので、飲みに行くのです。

 

ストレスが長く続くと、内臓脂肪を蓄える働きのあるホルモンが分泌されるので、無理に我慢するよりも適量を適度な頻度で楽しむようにしようと思っています。

お酒はダイエットにはダメ

アルコールはダイエットにはよくないのはみんな知っているのですが、カロリーが高いだけではありません。

 

アルコールのカロリーは1グラム当たり7キロカロリーなんですが、飲むとすぎにエネルギーに代わるので、吸収されるカロリーは5キロカロリー程度なんです。

 

でもすぐに体内でエネルギーが吸収するから大丈夫って思ないわいことです。

 

アルコールがエネルギーに代わるので、ツマミはエネルギーとしては消費されないで、脂肪に蓄積されやすいのです。

 

 

 

アルコールは肝臓で分解されるのですが、アルコールそのもののエネルギーは内臓脂肪としてはあまり蓄積されないんだそうです。

 

たんさん飲み過ぎると肝臓で中性脂肪が合成されて、血液の中に中性脂肪が増えて、結果的に内臓脂肪が多くなるのです。

 

でも一番の悪影響は、自制心がなくなることですね。

 

せっかくダイエットをしてきても、今日くらいはいいかなって気持ちになりやすいのです。

 

高カロリーのツマミをついつい食べてしまったり、アルコールには食欲が増進する働きがあるので、食べ過ぎ飲み過ぎになりやすいんです。

 

シメのラーメンなどは最悪です。

 

カロリーを取り過ぎるのは当然ですが、寝る3時間前には食べないようにするというダイエットの基本を守れなくなるのです。

 

 

 

アルコールの分解力は、人それぞれです。

 

だから適量は人によって違うんですが、内臓脂肪を減らすことを考えるのなら、1日ビール1本くらいで我慢をしたほうがいいのです。

 

日本酒なら1合、ウイスキーならダブルを1杯という目安です。

 

お酒が好きな人にとっては、ぜんぜん物足りない量ですが、それを我慢しなければいけません。

 

休刊日も週に2日くらいはつくりたいですね。

 

 

 

ダイエット中のお酒の飲み方

 

ツマミには高カロリーのものが多いので、あっさりした低カロリーのものを選ぶ

 

飲む前に水を飲んでおいで、のどの渇きをいやしておくと、飲む量を減らすことができます

 

焼酎はジュースではなくて、甘みのないソーダ類で割る

 

お酒と水を交互に飲むことで、お酒の量を減らすことができます

 

ビールはジョッキよりも、瓶で小さなコップで飲む

コンビニのお惣菜がダイエットメニューに変身

一人暮らしの人は、夕食をコンビニに頼ることが多くなりますが、コンビニの弁当類は味付けが濃いので、油が多く使って高カロリーです。

 

見た目のボリューム感もなくて、あまり満足感が得られません。

 

コンビニでは煮物やおひたしといった総菜が売っています。

 

いわゆるおふくろの味的なものは、基本的には低カロリーです。

 

丼ものや揚げ物の多い弁当を買うくらいなら、低カロリーの惣菜を組み合わせて、おにぎりと一緒に食べたほうが、栄養のバランスも良くなりますし、余計な油を取らなくなります。

 

毎回同じものばかりでは飽きますから、コンビニの食材に手を加えて、簡単なメニューを作るといいです。

 

 

 

小さなコンビニ総菜は、分量が少ないので、いまいち満足できません。

 

濃い味付けなので、ダイエットにはよくないですから、味付けをしていないサラダや豆腐などと混ぜて食べるようにします。

 

量が多くなるので、次の日の朝食分として残しておくのがいいです。

 

最近は電子レンジで解凍するだけの冷凍野菜も売られています。

 

見た目も味わいも生とほとんど変わりませんから、これらを活用するとボリューム感がアップして、栄養バランスよく食べることができます。

週末こそダイエットを

普段仕事が忙しい人は、週末はついのんびりと過ごしてしまって、極端に運動量が減るものです。

 

しかも気が緩んで余計に食べてしまうことが多くなります。

 

だから休日はなるべくテキパキと行動をするようにして、摂取カロリーを抑える努力をしないとけません。

 

ダラダラと一日を過ごすと、食事の時間になってもお腹が好きません。

 

ダイエットをしているから丁度いいと思いますが、実はこれが要注意です。

 

体脂肪を減らす食事の基本は、3食をしっかりと食べることです。

 

食事の時間にきちんと食べないと、途中でお腹がすいてお菓子や果物に手が伸びてしまうことになります。

 

 

 

朝に起きるのが遅くなりますし、いつもの時間に朝食がとれないことも問題です。

 

起きるのが遅くなっても、まずは朝食を食べるようにします。

 

寝る3時間前には夕食を終えるようにするので、昼食で時間を調整すればいいのです。

 

ゆっくり寝て疲れをとりたい場合は、起きている時間が短くなるので、お野菜、こんにゃく、海藻類を中心とした低エネルギーで脂肪分が少ないものを食べます。

 

起きている時間が短くて、消費カロリーも少なくなるので、摂取カロリーを抑える努力が必要です。

 

 

 

DVDをまとめて借りてきて、お菓子をつまみながらゴロゴロと過ごす生活は避けたいです。

 

録画しておいたテレビをチェックするときに、グルメ番組などは要注意です。

 

ラーメンだったり、ステーキだったりの画像を見ていれば、やっぱり我慢しづらくなります。

 

だからストレスがたまってしまうことにもなります。

 

我慢できなくなって、コンビニで買い物をするくらいなら、最初から見ない方がいいのです。

 

ゆっくり過ごすのがストレス解消にはなるのですが、意外にのんびりとした生活にも誘惑が多いことを知っておく必要があります。